1. HOME
  2. 準備・計画
  3. 三戸浜まで、タクシーでアクセス | happySUP.Life
  • 三戸浜まで、タクシーでアクセス

    2018.8.17カテゴリー: 準備・計画更新情報SUP日記, タグ: 三戸浜

    先日、帰り道が坂道で大変だった三戸浜海岸から京急三崎口駅へのアクセス。今回は、タクシーで往復してみました。すご~く楽でした。

    8月お盆休みに入る土曜日の9時頃に三崎口駅に到着。前日の準備に手間取って、やや遅めです。

    駅の改札を出て目の前にロータリーがあり、タクシー乗り場は、右前方です。先にコンビニによったら、さすがに夏休み、レジは大渋滞でした。タクシーも「並んでるかなー」と思いつつ、乗り場に向かいます。そうでもなく、待っているのが2,3組だけです。すぐにタクシーが戻ってきて、5分くらいで、順番回ってきました。

    ボードが乗るのか?パドルは入るのか?タクシーに限らずですが、ふつーの乗用車に載せたことなかったので、入るのかチョット心配でした。

    が、京急三崎タクシーさん、トランクもキレイにしてあって、ちょうどすっぽりとボードバッグは収まりました。余裕ありです。

    パドルはどうかな、と思いつつ、後ろのドアから運転手さんの頭の方に斜めに入れつつ、回し入れると、余裕で入りました。ひと安心です。「三戸浜海岸の真ん中あたりの駐車場の方に」と伝えて、出発です。

    駐車場周りは、結構混んでいるので、先日上陸した、少し上よりに行きたかったので、「やまこ荘」という宿の看板前あたりを右折して、細い道に入ってもらいます。googleマップ見ながら、このあたりだったかな、と見ていると、細い道ごしに海が見えて「ここですね。」と到着です。

    時間にして5分くらいだったかと思います。

    820円でした。

    今回、いろいろと詰め込んできたので、出発した瞬間は「荷物、おもすぎかも。。。」と思ったのですが、その後、駅についてからはエレベーターもあるし、電車のってしまえば、重さも関係ないし、駅から海辺までタクシー載せてもらうと、結構楽だなー、ということで到着しました。

    その後、日除け張りで大変だったりもしましたが、広々と自然の残る海岸は、気持ちよく過ごせました。

    撤収も終わって、さあ帰るぞ。

    「帰りにお迎えで呼べますか?」と行きの運転手さんに聞いて見たところ、「領収書に電話番号あるから電話してくれたら来るよ。迎車料金310円かかるけど。」夏休みの週末は混んでてなかなかこないのではと聞いてみると「全部で12台くらいいるから、駅に何台かはいるよ。呼んでもらったら駅から来るからそんなに待たないよ」とのことでした。

    場所が分かりづらかったので、駐車場まで移動して、電話します。

    「・・・・・・・」

    呼び出し音なりっぱなしで、誰も出ません。。やや不安が。また、この坂道を歩いて帰るのか。。今日は、前回よりも重いぞ。。

    缶コーヒー買って、2分後くらいにまた電話してみます。またしばらく呼び出し音なってましたが、「・・・・・・、ハイー、三崎タクシー」つながったー!まずは安心。

    「今、チョット出てるんだよねー」やはり夏休み、1時間くらい待つのか、と覚悟していたら、「20分くらい待ってもらうけどいい?」とのこと。ぜんぜん待てます。「三戸浜海岸の真ん中のほうの駐車場のあたり」と場所を告げて、お迎え手配完了です。

    暮れつつある空を眺めながら、コーヒー飲んで待っていると、20分弱で、きちんと来てくれました。

    乗ったらすぐです。前回歩いた畑を眺めつつ、車はすごいなー、と。

    畑は、入れ替わりの時期なのか、キレイにならされていました。無事、駅まで到着して、お支払い。スイカなどの交通系ICカードも使えるようでしたので、使ってみます。

    730円+迎車310円で、1040円でした。

    夏の間は駐車場が1200円でしたので、ややオーバーしますが、満車とかもないので電車派には助かります。後部座席にボードバッグ載せてもらえば、一台で二人分は乗れそうな感じでした。

    夏の休日の逗子葉山は、とてもボード持参でバスとか乗れないので、比較的すいている三浦エリアが選べるのは嬉しいです。

    今回は、風と波が強く、行けなかったのですが、今度は三戸浜ベースに、城ヶ島アタックいってみたいところです。最近、台風が多いので、うまく隙間をぬって行ってこれたらと思います。江ノ島、逗子、葉山、秋谷、三戸浜とだんだんと三浦半島、慣れてきたかなー。

    関連記事

    Pocket