1. HOME
  2. 装備とギア
  3. GoPro的なアクションカメラのパドル装着 | happySUP.Life
  • GoPro的なアクションカメラのパドル装着

    2018.9.27カテゴリー: 装備とギア更新情報

    最近、ハードボードを借りたりすることが多いので、ボードにカメラを取り付けられず、なにかいい方法はないかなー、と探していました。

    先日紹介したフレキシブル三脚も持ち手があれば使えるのですが、サーフボード系のボードですと、なんにもつけるところがなかったりもします。

    腕につけてみたり、胸につけてみたりと、各種アタッチメントを試してみても、なかなかいい感じに使えるものがありませんでした。

    そこで、以前からやってみたかった、パドルにアクションカメラつけての撮影を試してみました。Youtubeとかでもよく見かけるやつですね。

    どうやってつけるのかなー、と探してみるとGoProの純正品で頑丈そうなのがあったので購入してみました。

    GoPro アクセサリ ハンドルバー/シートポスト/ポールマウント AGTSM-001
    amazonは、在庫切れになってしまったようです。4,000円くらいでした。

    こんな感じの箱で届きます。

    中身は、こんな感じのが入っています。

    パドルに取り付ける部分のアタッチメントのネジが、アタッチメントにくっついているので、なくすこともなさそうです。

    以前、両側をねじで締め付けるタイプのものを、自転車のハンドルバーにつけてみたことがあるのですが、だんだん緩んできたりして、使いづらかった記憶があります。そのタイプに比べると取り付け取り外しも簡単で、ガッチリとくっついてくれるので扱いやすいです。

    SUPのパドルの太さですと、中敷き的なゴムはない状態でちょうどよいです。挟み込んで、ネジを締めます。

    かなり頑丈にくっつきます。パドリングで振り回しても外れることもなさそうです。

    指でボタンを押すと、カメラを回転させることができて、何箇所かでカチッと固定されます。

    先日の川こぎで使ってみました。こんな感じです。漕ぎながら、スグに撮影できるのでなかなか便利です。ただ、動画を回しっぱなしにしていたら、あとから写っている場面を探すのが結構大変だったので、撮るときだけ録画にしたほうが良さそうでした。

    SUPサーフィンで使えるかなー。まずは、余裕をもって波に乗れないとですね。パドルへのアクションカメラアタッチメントのご紹介でした。

    関連記事

    Pocket