1. HOME
  2. 装備とギア
  3. ロゴがmistral似の、スマホ用防水ケース | happySUP.Life
  • ロゴがmistral似の、スマホ用防水ケース

    2018.8.10カテゴリー: 装備とギア更新情報

    最近、使い始めたiPhone用の防水ケースのご紹介です。

    ビニールに入れるタイプの防水ケースを1年くらい使っていたのですが、

    写真撮ると曇るようになってきたので、代わりのものを探していました。

    ボードとか、リーシュとかを購入すると、おまけでいろいろと防水ケースがついてくるので、試してみたのですが、どれももうひとつです。

    写真をとると曇りやボケが入ったり、サイズが大きすぎたりと、なかなかピッタリのものがありません。

    カバーの端のほうがグレーになっていて、ときどきレンズがそのエリアに入ってしまい、後で見たら、こんな感じに。。。

    そこで、Amazonで探してみました。
    Merit iPhone7 防水ケース iPhone8 防水ケース リング付き スタンド機能 防水カバー 改良版 防塵 耐衝撃 アイフォン7 防水ケース (黑-4.7)(amazon)

    スマホカバーとしての防水ケースが二千円台で売っていましたので、ちょうどカバーも弱っていたので、試しに買ってみました。

    いろいろと似たようなものがあったのですが、「フツーのカバーとあまり変わらなそうなシンプルな作り」「指紋認証もOK」「ストラップ用の通し穴あり」「音も聞こえる」「会話もできる」「落下の耐衝撃性もありそう」「背面にリング付き」あたりから、こちらを選んでみました。

    ロゴが、どこかで見たことあるよな、と思っていたら、展示会レポでも紹介したSUPボードブランドの”mistral”に雰囲気似ているんですよね。

    似てますよね。英文字のフォントとmの文字とiの上の赤丸が。

    ロゴとは関係ないのですが、実際に使ってみて、とっても快適です。

    海上のときは、リーシュ代わりの紐を付けて使っています。

    SUPのとき用に毎回付け替えるのではないため、日常でもこのままで使います。今までのカバーも周囲の枠だけのものでしたので、あまり違和感はなく、シャワーのときにもそのまま持って入れるのでちょうどよいです。

    SUPのときにも、ポケットに入れるときに、ビニールカバーだといちいち出し入れで、ひっかかるのが面倒だったのですが、スルッと出し入れできます。

    先日のシュノーケリング時にも、やや恐る恐るではありましたが、海中でiPhoneをカメラとして利用。水の侵入もなく、写真もキレイにとれました。

    酷使していると弱るのも早そうなので、早めに交換するなどはいるかもしれません。

    気をつける点としては、充電時やイヤホン入れると底部のフタを開けるのですが、ときどき開けっ放しで水の近くにあったりします。水辺で使うときは都度ケースの締りとフタのチェックは必ずやったほうが良さそうです。

    なかなか使いやすい、スマホ用スッキリ防水ケースのご紹介でした。

    関連記事

    Pocket